静岡 夜勤バイト 看護師

残業が少ない職場なんてあるのかな〜?

看護師の仕事って、ハードだし、時間が不規則、残業も多いですよね( ;´Д`)
看護師パートランキング.comでも紹介されてしました。
連休も少ないし、なかなか体を休める時間もありません。
病棟で働いていた時は、毎日ヘトヘトでしたね?>_<

 

独身のうちは、それでもなんとかこなせますが、結婚して子供が産まれたりすると、やはり少しでも仕事は楽な方がいいですよね(*^^*)

 

私は、結婚して病院を退職しました。
子供が生まれて数年は専業主婦をしていたんですが、そろそろ子育てをしながら看護師の仕事に復職しようかなって思ってるんです。

 

子供が小さいうちは、とくに残業などは少ない方がいいなって思ってます。

 

そこで、看護師求人情報サービスを利用して職場を探すことにしたんです(-_^)

 

病院やクリニックは、やはり残業の多い職場が多いそうです( ;´Д`)

 

中には、比較的残業が少ない職場もあるそうです。
しかし、病院のように患者さんの急変などが起こりやすい職場は、急な残業がないとは言い切れませんからね´д` ;

 

大学病院などに比べると、介護施設やデイサービスなどは比較的残業が少ないんですって(-_^)

 

介護施設は、年間休日数も病院より多いし、仕事も病院よりゆっくりしているそうです。

 

老健や特養は、利用者さんの急変などがあると残業がたまにあるそうですが、病院やクリニックに比べるとかなり頻度は減りますね(-_^)

 

 

デイサービスも、送迎時間が決まっていますから、ほとんど定時で仕事が終わるそうです(-_^)

 

また、検診なども受付時間が決まっていますから、残業はほとんどないそうです。

 

残業の少ない職場は、探せばあるものですね(^ー゜)

 

私は、看護師求人情報サービスで、職場の人間関係などもしっかり調べて、子育てのしやすい環境で働きたいなぁって思ってますよ(^_?)?☆

看護師業務で一番辛いと思う事・・・。この前はイレウス患者さんの噴水ように飛び散った吐物を1人で処理しました(ー_ー)!!

人の為になる仕事がしたい…そんな事を夢見て看護師の資格を取り、晴れて病院に就職…。

 

念願の白衣の天使

 

なんて、ウキウキする気持ちも、つかの間…。詳しくはコチラ

 

病棟で働き、看護師の仕事のハードな現実を見ることになりましたね( ;´Д`)

 

看護師の仕事なんて、大半は人が嫌がる仕事だと思いませんか?

 

むしろ、綺麗な仕事なんてほとんどないですよね^_^;

 

お風呂に入れない患者さんの独特な匂い。
褥瘡や創部のアイテル臭。
オムツ交換の尿臭や便臭に摘便。
吐血や下血の生臭いブルート臭。
嘔吐物の処理。
痰吸引の汚い痰が沢山入った痰ツボ洗い。
亡くなった患者さんの死後処置や死臭。

 

見た目も匂いもグロテスクなものばかりです…(・_・;

 

この間は、イレウスの患者さんが、噴水のように嘔吐しました。
イレウスの嘔吐は、噴水のように飛び散る上に、吐きまくりますヽ(´o`;

 

ベット周囲には、吐物が飛び散ります。
まずは患者さんが吐物で窒息しないよう対応し、嘔吐が止まるのを待ちます。
嘔吐が止まったら、バイタルをとり、大きな異常がなければ状態を観察します。
患者さんが落ち着いたら、汚れた衣類の交換や、ベットシーツの交換、床に飛び散った吐物の処理をします(´・Д・)」

 

病室内は吐物の匂いでむせ返りそうです(T ^ T)

 

吐物は、見るだけでも吐き気を催しますね。
吐物の匂いは、本当にひどいですね。
見た目のグロテスクさに、この匂い…。

 

やっぱり何度対応しても慣れないこの作業…( ;´Д`)

 

看護師業務の中で、もっとも辛いと感じます(T ^ T)

 

業務でみんな忙しいから、一人で吐物の処理をしなくてはなりません。

 

一人で吐物を処理しながら、これが白衣の天使の仕事かぁ…なんてぼやいてしまいます( ;´Д`)

強制退院になるようなトラブルメーカーの患者さんについて

患者さんというのは、本当にいろいろな生活背景を持っていますよね。
会社の役員とか社長のように、ハイクラスでお金に困る事なんて全くない方もいれば、生活保護を受けていたり、
住む家もない浮浪者の方もいます。
でも、どんな患者さんでも、平等に対応する事が大切ですよね。
でも、患者さんの中には、トラブルメーカーの方もいるんですよ。
物騒というか、危険な患者さんもいるんです。

 

私が働いている病院は、他の病院で受け入れを拒否された患者さんも受け入れているようなところです。
その為、いろいろな患者さんがいるんです。
何年か前の事ですが、意識障害で一人の患者さんが運ばれてきたんですね。
その患者さんは、特に大きな問題がなかったので、回復するのも早かったんです。
そのうちに一人でトイレに行ったり、動き回る事ができるようになったんですけど、その頃から、
病棟内で物騒な事件が起き始めたんです。

 

お財布がなくなった、私物がなくなったと言い始める患者さんが数人でてきたんです。
実は、意識障害で運ばれて来た患者さんは、身元が分からなくて事務所でずっと調べていたんです。
その患者さんの身元がやっと分かったんですが、それが大変なトラブルメーカーだったんです。
その方は、病院荒らしで、次々と問題を起こし、ブラックリストにのっているような人だったんです。
そうなんです、盗難事件の犯人は、その患者さんだったんです。

 

すぐに強制退院の手続きが取られましたね。
でも、身元がわかって退院するまでの数日間は、すっごい緊張感でしたね。
その患者さんが退院してからは、盗難事件などのトラブルは一切なくなって、平和な病棟に戻ったんですけど、
でも、怖いですよね。
人と接する仕事なだけに、危険も伴うのかもしれないですよね。